ガチンコ競馬予想

ガチンコ競馬予想は完全無料の競馬予想サイトです

このサイトはPCとスマートフォンに対応しています

逆アクセスランキング

東京ダートコースデータと枠順と脚質の有利不利

東京ダート1400m

東京ダート1600m

東京ダート2100m

前半3ハロンの水準時計は3歳以上の500万クラスからOP特別までほぼ五分。序盤からペースは上がりやすい。しかし、前半の主導権争いでひるんでいては勝負にならない。基本的には逃げ・先行が強いので、下級条件では先行力が一番のポイントとなる。重賞・根岸Sではさらにペースが上がるため、差し馬の好走が多くなってくる。が、その場合でも馬群の大外を回わらされる馬は厳しい。中団の馬群の中で脚を溜め、できるだけ距離ロスを防いでいるシーンが多いはずだ。

枠順はフラット。

最初の3コーナーまでかなり距離はあるが、スローペースになることは少ない。平均ペースで進むか、序盤から飛ばす流れ。前半3ハロンの水準時計はクラスを問わず35秒0前後になっている。よって、クラスの差が分かれるポイントは中・終盤の厳しさだ。コーナーが2回である点と、砂が軽い影響で全体的にスピードが要求される。フェブラリーSでは芝並みの時計が出ることもある。他場のダートコースとは異質の能力が試され、適性の有無が出やすい。

ダート戦なので基本的には逃げ~先行が有利だが、1300mや1400mに比べてガクンと成績は下がる。中団以降からの差しも十分決まる。

基本的にダート戦は序盤から速いペースになるが、2100mともなると展開はさまざま。スローペースになることもある。平均ペースが最も多いものの、逃げ馬を中心としたメンバー構成に左右されやすい。3歳以上重賞の水準ラップと勝ち時計は、以前に同コースで行われていたJCダートを参考にしている。そのため、勝ち時計が非常に速い。通常は古馬のオープンクラスでも2分10秒台を切るようならば、好時計と言える。

脚質は逃げ馬と先行馬が優勢で、複勝率はそれそれ35%前後でほぼ互角。中でもスローペースにおける逃げ馬の単勝が妙味。ペースが速くなれば差し馬の出番。

枠順の有利・不利はあまりないが、中枠より内を引くことに損はない

東京ダート2400m

東京競馬場におけるダート最長距離の競走だが、マイナーな条件。実際に組まれている番組は非常に少なく、通常は冬場の1回開催で1000万クラスの平場戦が組まれているだけだ。水準ラップを見ると前半3ハロンが速く、一度スローペースに落ちて、その後ジンワリと加速していくような感じ。芝の長距離戦ほど上がりだけの競馬にはならないが、勝ち馬はメンバー中3位以内の上がりを使っているケースが多くなってる。無論、豊富なスタミナも必要。

最初の1コーナーまでの距離が非常に長いので、枠順の有利・不利はなさそう。脚質的には差しての好走馬が多いものの、逃げ馬が残る確率も高い。追い込み馬は苦戦。

Copyrights ガチンコ競馬予想 | 無料競馬サイト

お問い合わせ